JPCERT/CC、2021年1月以降の脆弱性・脅威情報をまとめ公表、Microsoft Exchange Serverの複数の脆弱性など | ScanNetSecurity
2022.06.25(土)

JPCERT/CC、2021年1月以降の脆弱性・脅威情報をまとめ公表、Microsoft Exchange Serverの複数の脆弱性など

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月15日、2021年1月以降に確認された影響範囲の広い脆弱性情報や脅威情報などをまとめ公表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月15日、2021年1月以降に確認された影響範囲の広い脆弱性情報や脅威情報などをまとめ公表した。

JPCERT/CCでは、2021年1月以降に確認された脆弱性、脅威として「Microsoft Exchange Serverの複数の脆弱性」、「SonicWall製SMA100シリーズや複数のBIG-IP製品をはじめとするSSL-VPN製品を含むネットワーク製品の脆弱性」、「マルウェアEmotetのテイクダウンと感染端末に対する通知」、「Salesforceをはじめとするクラウドサービスの運用、設定」の4点を挙げ、その概要や対策、事例等を紹介している。

また、JPCERT/CCでは今後の、インシデント発⽣に気付きにくく、発⾒が遅れる可能性が高い長期休暇期間(ゴールデンウィーク)に備え、システム管理者向け、社員・職員向けの実施事項をまとめ公開、注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×