意図しない「Trello」のボード「公開」設定、非公開への変更方法を案内 | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

意図しない「Trello」のボード「公開」設定、非公開への変更方法を案内

アトラシアンは4月6日、同社が提供する「Trello」の一部ユーザーがボードの公開範囲を「公開」に設定したことに起因して、ボード内の情報がインターネット上に公開される事象が発生していると同社blogで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
アトラシアン株式会社は4月6日、同社が提供する「Trello」の一部ユーザーがボードの公開範囲を「公開」に設定したことに起因して、ボード内の情報がインターネット上に公開される事象が発生していると同社blogで発表した。就活生の個人情報やアカウントのIDとパスワード、クレジットカード情報、免許証画像などがTrello上で公開されており、SNS上でも問題になっている。

同社によると、Trelloの初期設定ではボードは「非公開」となっており、ユーザーの意図しない公開ボードの作成を回避するため、ボードの公開設定をする際に意図を確認する仕組みが搭載されている。

同社では現在、問題が発生しているボードのプライバシー設定を確認するなど、ユーザーが意図しない情報の漏えいを止めるため、サポートを行っている。

また同社では、Trelloの公開範囲の設定変更についてはこちらで説明している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×