中小規模ネットワーク向け脆弱性・パッチ統合管理ソリューションをリリース | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

中小規模ネットワーク向け脆弱性・パッチ統合管理ソリューションをリリース

ジュピターテクノロジー株式会社は4月6日、中小規模ネットワーク向け脆弱性・パッチ統合管理ソリューションGFI LanGuardのリリースを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ジュピターテクノロジー株式会社は4月6日、中小規模ネットワーク向け脆弱性・パッチ統合管理ソリューションGFI LanGuardのリリースを発表した。

GFI LanGuardは、米国GFI Software社が開発した中小規模ネットワークに接続されたコンピュータの脆弱性の検出から修復までを支援するワンストップソリューション。ネットワーク内にある複数のコンピュータに対し、脆弱性の把握や適切なセキュリティ更新、パッチ適用を1つのGUIで検出し、分析、対処することができる。

本製品は、ネットワークに接続されたコンピュータをスキャンし、セキュリティの脆弱性を特定して分類、脆弱性を直感的なグラフで提供する「脆弱性診断機能」、USBデバイスやインストール済みのソフトウェア、共有フォルダ、開いているポート、ハードウェア情報を含むネットワークの総合的なビューを提供する「ネットワーク上の問題検出機能」、オペレーティングシステムに加えて Java RuntimeやAdobe Reader、Zoom、LibreOfficeなど一般的なアプリケーション、主要なWebブラウザのパッチ管理をサポートする「パッチ管理機能」の3つの機能を備えている。

GFI LanGuard 10ノード1年で67,600円からで提供され、30日間無料でGFI LanGuardの機能を試用できるGFI LanGuard製品評価版も提供される。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×