セキュアヴェイルのセキュリティ運用プラットフォームの開発・販売事業が LogStare に移管 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

セキュアヴェイルのセキュリティ運用プラットフォームの開発・販売事業が LogStare に移管

株式会社セキュアヴェイルは3月31日、同社のセキュリティ運用プラットフォームの開発・販売の事業を、同社の100%子会社である株式会社LogStareに移管すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社セキュアヴェイルは3月31日、同社のセキュリティ運用プラットフォームの開発・販売の事業を、同社の100%子会社である株式会社LogStareに移管すると発表した。

移管の対象となる製品は、ソフトウェア製品のLogStare、LogStare CollectorとクラウドサービスのNetStare Suiteで、2021年4月1日に移管予定。

現在、セキュアヴェイル社と契約中の製品の更新案内や請求書は今後、LogStare社より送付し、入金先もLogStare社の口座に変更となる。ライセンス証書等の納品文書は、次回の契約更新時にLogStare社が発行するものに差し替える。

また、サポート問い合わせ先メールアドレスは「ls-support@logstare.com」に変更となり、製品のメンテナンス情報やバージョンアップに関する案内をLogStare社から行う。

今後は既存の販売パートナー、エンドユーザーについてもLogStare社よりサービス提供を行う。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×