荏原グループ海外子会社エリオットカンパニーにランサムウェア攻撃 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

荏原グループ海外子会社エリオットカンパニーにランサムウェア攻撃

エリオットカンパニーは3月5日、同社のアメリカ ペンシルベニア州ジュネットにある本社工場に「ランサムウェア」による攻撃があったと発表した。エリオットカンパニーはポンプの総合メーカーで東証1部に上場する株式会社荏原製作の子会社。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
エリオットカンパニーは3月5日、同社のアメリカ ペンシルベニア州ジュネットにある本社工場に「ランサムウェア」による攻撃があったと発表した。エリオットカンパニーはポンプの総合メーカーで東証1部に上場する株式会社荏原製作の子会社。

同社によると2月15日に、エリオット本社の社内システムに不具合を検知、ランサムウェアによるメールシステムやサーバへの攻撃を確認したという。なお同社では、荏原グループ本社は異なるネットワーク環境を構築しているため、今回の攻撃による影響はない。

同社への被害として、工場での生産や受発注業務等の一部に支障が確認されているが、情報漏えいはなく、荏原グループから送信するメールで社外に被害が生じることはないとのこと。

同社ではランサムウェア検出後、直ちにシステムの被害状況や今後想定されるリスクの確認や被害拡大防止のため、専門家によるデータ解析と調査を開始、親会社である荏原グループ本社とともに、グループ会社の被害状況の解明と原因追究に取り組み、現時点で主要システムの復旧は完了している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×