松井証券システム開発担当の SCSK 元社員、顧客になりすまし不正出金 総額 2 億円 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

松井証券システム開発担当の SCSK 元社員、顧客になりすまし不正出金 総額 2 億円

SCSK株式会社は3月24日、同社が受託する松井証券株式会社の証券取引のシステム開発等を担当していた同社の元社員1名が、警視庁に電子計算機使用詐欺等の容疑で同日、逮捕されたと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(当社元社員による不正行為について)
  • リリース(被害の状況)
SCSK株式会社は3月24日、同社が受託する松井証券株式会社の証券取引のシステム開発等を担当していた同社の元社員1名が、警視庁に電子計算機使用詐欺等の容疑で同日、逮捕されたと発表した。

同社では、松井証券株式会社における証券取引のシステムの開発・保守・運用を受託していたが、2020年1月に身に覚えのない取引があったと顧客から通報があり調査を開始した松井証券からSCSK社に照会があり、SCSK社でも調査を開始、両社で協力しながら調査した結果、松井証券のシステム開発等に専任で従事していたSCSK社の元社員が、松井証券の複数の顧客のID、パスワード、取引暗証番号等を不正に取得した上で顧客になりすまし有価証券を売却、その売却代金を含め証券口座に預けられていた現金を不正に出金した疑いが判明した。

両社では警察へ相談し、以降は警察による捜査に全面的に協力、当該元社員の証拠隠滅を避けるため、本件調査、警察の捜査等を察知されないよう配慮しつつ、不正行為による被害拡大防止のためにシステム上の手当を含む各種措置を行った。

本件の被害状況について、対象の顧客は15名で被害総額は約2億円。なお不正行為の疑いが発覚してからは、被害拡大防止措置を行ったため、その後の被害は確認されていない。当該元社員は松井証券以外の顧客システム開発等には一切関与していない。

松井証券では被害者に対し、既に返金等の対応を行っており、SCSK社でも松井証券に対し被害相当額を支払う。

SCSK社では、当該元社員に対し3月24日付で懲戒解雇処分としている。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  2. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  3. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

  4. 症例情報は匿名化処理済みのため患者の特定はできず ~ QST病院にランサムウェア攻撃

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  6. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  7. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  8. 問い合せフォーム機能悪用さる ~ タカラベルモントの海外向けウェブサイトのサーバがフィッシングメール送信の踏み台に

  9. 富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信を受け総務省が文書で指導

  10. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、従業員の個人情報漏えいが判明

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×