アーバンリサーチの公式 EC サイトへ不正アクセス、会員情報流出の可能性 | ScanNetSecurity
2024.02.26(月)

アーバンリサーチの公式 EC サイトへ不正アクセス、会員情報流出の可能性

株式会社アーバンリサーチは3月10日、同社が運営するメンズ・レディースウェアなどを扱う「アーバンリサーチ公式オンラインストア」に対し、外部から不正アクセスがあり、同社保有の個人情報が流出した可能性が判明した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社アーバンリサーチは3月10日、同社が運営するメンズ・レディースウェアなどを扱う「アーバンリサーチ公式オンラインストア」に対し、外部から不正アクセスがあり、同社保有の個人情報が流出した可能性が判明した。

これは3月8日に、「アーバンリサーチ公式オンラインストア」への不正アクセスが確認され、同社にて調査を行ったところ、3月7日夜から3月8日昼にかけて不正アクセスがあり、顧客情報が流出した可能性が判明したというもの。

流出した可能性があるのは、「アーバンリサーチ公式オンラインストア」の利用に際して同サイトに連携された住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、会員ID、会員ステージ等を含む同社UR CLUB会員情報のうち317,326人分。なお、クレジットカード番号は含まれていない。

同社では対象の顧客に、個別に案内を行うとともに、会員資格の停止を実施している。

同社では3月8日中に、不正アクセス元のIPアドレス群からの通信を遮断、セキュリティ設定の強化や個人情報保護委員会への報告、問い合せ窓口の設置を行っている。

同社では今後、不正アクセスに対するセキュリティ対策を実施するとともに監視体制を強化し、再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×