Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開 | ScanNetSecurity
2021.04.23(金)

Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月2日、Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月2日、Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

・CVE-2021-25329 および CVE-2021-25122
Apache Tomcat 10.0.0-M1 から 10.0.0 まで
Apache Tomcat 9.0.0.M1 から 9.0.41 まで
Apache Tomcat 8.5.0 から 8.5.61 まで

・CVE-2021-25329 のみ
Apache Tomcat 7.0.0 から 7.0.107 まで

JVNによると、The Apache Software Foundation からApache Tomcat の信頼できないデータのデシリアライズ(CVE-2021-25329)の脆弱性とh2c 接続リクエストに対するレスポンス生成の不備(CVE-2021-25122)の脆弱性に対するアップデートが公開された。

想定される影響としては、デシリアライズ対象データの検証が適切に行われていないことに起因して、遠隔の第三者により任意のバイトコードを実行される(CVE-2021-25329)、新たな h2c 接続リクエスト応答時に、当該製品がリクエストのヘッダーおよびペイロードの一部を複製することに起因して、遠隔の第三者に、他のユーザのリクエストに対する結果を参照される(CVE-2021-25122)可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、最新バージョンにアップデートするよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×