Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開 | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月2日、Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月2日、Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

・CVE-2021-25329 および CVE-2021-25122
Apache Tomcat 10.0.0-M1 から 10.0.0 まで
Apache Tomcat 9.0.0.M1 から 9.0.41 まで
Apache Tomcat 8.5.0 から 8.5.61 まで

・CVE-2021-25329 のみ
Apache Tomcat 7.0.0 から 7.0.107 まで

JVNによると、The Apache Software Foundation からApache Tomcat の信頼できないデータのデシリアライズ(CVE-2021-25329)の脆弱性とh2c 接続リクエストに対するレスポンス生成の不備(CVE-2021-25122)の脆弱性に対するアップデートが公開された。

想定される影響としては、デシリアライズ対象データの検証が適切に行われていないことに起因して、遠隔の第三者により任意のバイトコードを実行される(CVE-2021-25329)、新たな h2c 接続リクエスト応答時に、当該製品がリクエストのヘッダーおよびペイロードの一部を複製することに起因して、遠隔の第三者に、他のユーザのリクエストに対する結果を参照される(CVE-2021-25122)可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、最新バージョンにアップデートするよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×