メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出 | ScanNetSecurity
2024.03.01(金)

メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

株式会社NTTデータ数理システムは2月26日、同社主催イベントに関するメール送信時に顧客の個人情報を流出したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社NTTデータ数理システムは2月26日、同社主催イベントに関するメール送信時に顧客の個人情報を流出したと発表した。

これは2月26日午後3時頃に、同社主催のイベントに関するメール配信作業中のミスが原因で、顧客の個人情報リストを誤ってメール送信したというもの。

流出したのは、同社社員と名刺交換を行った顧客、同社イベントやWeb等で連絡先と登録した顧客10,000名分の所属企業等の名称(法人名のみ)、氏名、メールアドレス。

同社では対象の顧客に対し、直接連絡し謝罪を行うとともに、個人情報リストを受信した顧客には当該リストの削除を依頼している。

同社では再発防止に向けて、情報取り扱い方法に関する対策を講じるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×