東北電気保安協会の顧客情報がネット上で閲覧可能に、職員がメールで第三者に送信 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

東北電気保安協会の顧客情報がネット上で閲覧可能に、職員がメールで第三者に送信

一般財団法人東北電気保安協会は2月19日、顧客情報がインターネット上で閲覧可能になっていることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
一般財団法人東北電気保安協会は2月19日、顧客情報がインターネット上で閲覧可能になっていることが判明したと発表した。

これは同協会職員が、顧客業務情報を職場より無断で自分のパソコンへメールで持ち出し、第三者にメールで送信したというもので、顧客情報がインターネット上で閲覧可能になっているとWebサイトの問い合わせ欄に指摘があり発覚した。

当該職員が第三者に提供したのは、、同協会岩手事業本部奥州事業所管内の計71軒の事業場名、設備容量、設備種類、遮断装置の情報等の顧客業務情報。

同協会では該当する顧客に対し、個別に電話と文書で説明と謝罪を行っている。また、情報提供した第三者に対し、送信した顧客業務情報を削除するよう依頼している。

同協会では今後、情報セキュリティに関する教育の強化など更なる情報管理の徹底を図り、再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×