海外捜査当局 日本のEmotet感染情報提供、警察庁・総務省・ICT-ISAC連携し 22 日から注意喚起 | ScanNetSecurity
2022.09.28(水)

海外捜査当局 日本のEmotet感染情報提供、警察庁・総務省・ICT-ISAC連携し 22 日から注意喚起

総務省、警察庁、一般社団法人ICT-ISACは2月19日、Emotetに感染した機器の利用者に対し、インターネットサービスプロバイダから注意喚起を行う取組を2月22日以降に実施すると発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
総務省、警察庁、一般社団法人ICT-ISACは2月19日、Emotetに感染した機器の利用者に対し、インターネットサービスプロバイダから注意喚起を行う取組を2月22日以降に実施すると発表した。

これは2月までに海外の捜査当局から警察庁に対し、国内のEmotetに感染した機器に関する情報提供があり、警察庁、総務省、一般社団法人ICT-ISAC及びISPが連携し、ISPにおいて当該情報に記載されている機器の利用者を特定し2月22日以降に注意喚起を行うというもの。

本取組では、注意喚起の対象となる機器の利用者に対し、総務省が設置するNOTICEサポートセンターがWebサイトや電話による問合せ対応等を通じ必要な対策を案内する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×