富士キメラ「NWセキュリティビジネス総覧」2020年度市場規模5,792億円見込 | ScanNetSecurity
2022.01.26(水)

富士キメラ「NWセキュリティビジネス総覧」2020年度市場規模5,792億円見込

株式会社富士キメラ総研は2月5日、ネットワークセキュリティビジネスの国内市場を調査した結果を「2020 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」市場編/ベンダー編にまとめたと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社富士キメラ総研は2月5日、ネットワークセキュリティビジネスの国内市場を調査した結果を「2020 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」市場編/ベンダー編にまとめたと発表した。

同資料の市場編では、セキュリティサービス19品目、セキュリティ製品27品目の市場を分析し、将来を展望、ベンダー編では、セキュリティソリューションベンダー28社、セキュリティツールベンダー18社の分析を行っている。

同調査によると、「Emotet」による大規模な被害や大手企業に対するサイバー攻撃の被害が増加に加え、標的型攻撃やサプライチェーン攻撃など攻撃手法の高度化、複雑化が進んでいることからネットワークセキュリティビジネスの需要は高まり、2020年度の市場は前年度比8.9%増の5,792億円が見込まれる。今後も市場は拡大を続け、2025年度には2019年度比47.8%増の7,864億円と予測している。

また、同調査では注目市場として「EDR(Endpoint Detection and Response)」「NDR(Network Detection and Response)」「CASB(Cloud Access Security Broker)」「DDoS攻撃対策サービス」「セキュリティスコアリングサービス」を挙げ、その市場の2020年度見込みと2025年度予測を掲載している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×