NISC、重要インフラ事業者等に向けSalesforce 製品の設定不備に注意喚起 | ScanNetSecurity
2022.06.28(火)

NISC、重要インフラ事業者等に向けSalesforce 製品の設定不備に注意喚起

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は1月29日、重要インフラ事業者等に向けてSalesforce 製品の設定不備による意図しない情報が外部から参照される可能性について注意喚起を行った。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は1月29日、重要インフラ事業者等に向けてSalesforce 製品の設定不備による意図しない情報が外部から参照される可能性について注意喚起を行った。

NISCでは、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する顧客関係管理ソリューション「Salesforce」について、データのアクセス権などの設定不備が原因で、意図しない情報が外部から参照される可能性があり、サービスの利用状況や各種設定の確認、見直しを行うなどセールスフォース・ドットコム社が公開する情報を参考に適切なセキュリティ対策の必要性を訴えている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×