食品販売老舗「柿安オンラインショップ」に不正アクセス、カード情報1,293件が流出の可能性 | ScanNetSecurity
2024.06.26(水)

食品販売老舗「柿安オンラインショップ」に不正アクセス、カード情報1,293件が流出の可能性

食品の販売やレストラン経営を行う明治4年創業の老舗 株式会社柿安本店は1月19日、同社が運営する「柿安オンラインショップ」に第三者からの不正アクセスがあり、顧客のクレジットカード情報が漏えいした可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(弊社が運営する「柿安オンラインショップ」への不正アクセスによる個人情報漏えいに関するお詫びとお知らせ)
  • リリース(個人情報漏洩の可能性があるお客様)
  • リリース(本件に関するお問い合わせ窓口)
食品の販売やレストラン経営を行う明治4年創業の老舗 株式会社柿安本店は1月19日、同社が運営する「柿安オンラインショップ」に第三者からの不正アクセスがあり、顧客のクレジットカード情報が漏えいした可能性が判明したと発表した。

これは2020年10月13日に、同社に対し一部のクレジットカード会社から「柿安オンラインショップ」を利用した顧客のカード情報の漏えい懸念について連絡があり、同日中にカード決済を停止、第三者調査機関による調査を行ったところ、同サイトのシステムの一部の脆弱性を突いたことによる第三者の不正アクセスにより、ペイメントアプリケーションの改ざんが行われたことが原因で、同サイトを利用した顧客のカード情報が漏えいし、一部顧客のカード情報が不正利用された可能性があることを、12月7日に完了した調査期間による調査結果で確認したというもの。

流出した可能性があるのは、2020年4月29日から2020年9月30日の期間中に「柿安オンラインショップ」にてカード決済を利用した顧客1,293名のカード情報(名義、番号、有効期限、セキュリティコード)。

同社では対象の顧客に対し、別途書状にて連絡を行う。

同社では既に、カード会社と連携し流出した可能性のあるカードによる取引のモニタリングを継続して実施し不正利用の防止に努めているが、顧客に対してもカードの利用明細に身に覚えのない請求項目がないか確認するよう注意を呼びかけている。

同社では2020年12月17日に、警視庁にも被害申告を、監督官庁である個人情報保護委員会に報告を行っている。

同社では今後、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  2. 大田区の委託先にランサムウェア攻撃、がん検診受診券の画像データが流出した可能性

    大田区の委託先にランサムウェア攻撃、がん検診受診券の画像データが流出した可能性

  3. 本番テスト用サイトに不正アクセス、身代金要求のメッセージを記載(日本経営協会)

    本番テスト用サイトに不正アクセス、身代金要求のメッセージを記載(日本経営協会)

  4. 迷惑メール 7 万件送信 ~ 三重県文化振興事業団が管理するメールアカウントが不正に窃取

  5. 手術画像の写真も ~ 名古屋大学 大学院 医学系研究科学生が患者情報を SNS 投稿

  6. 東京都の再委託先がフォームを誤設定、スマホサポーターの個人情報が閲覧可能に

  7. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  8. ダイセルのフランス法人にランサムウェア攻撃、現時点で情報流出確認されず

  9. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  10. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×