複数のAdobe製品がアップデート、修正プログラム適用呼びかけ | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

複数のAdobe製品がアップデート、修正プログラム適用呼びかけ

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月9日、Adobe Prelude、Adobe Experience Manager、Adobe Lightroomについて、アドビシステムズ社からのセキュリティアップデート(APSB20-70、APSB20-72、APSB20-74)の公開を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月9日、Adobe Prelude、Adobe Experience Manager、Adobe Lightroomについて、アドビシステムズ社からのセキュリティアップデート(APSB20-70、APSB20-72、APSB20-74)の公開を発表した。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)でも12月10日に、Adobe AcrobatおよびReaderの脆弱性対策について発表している。対象となるAdobe AcrobatおよびReaderは以下の通り。

・Acrobat DC(Continuous)
2020.013.20066 およびそれ以前のバージョン(Windows)
2020.013.20066 およびそれ以前のバージョン(macOS)

・Acrobat Reader DC(Continuous)
2020.013.20066 およびそれ以前のバージョン(Windows)
2020.013.20066 およびそれ以前のバージョン(macOS)

・Acrobat 2020(Classic 2020)
2020.001.30010 およびそれ以前のバージョン(Windows)
2020.001.30010 およびそれ以前のバージョン(macOS)

・Acrobat Reader 2020(Classic 2020)
2020.001.30010 およびそれ以前のバージョン(Windows)
2020.001.30010 およびそれ以前のバージョン(macOS)

・Acrobat 2017(Classic 2017)
2017.011.30180 およびそれ以前のバージョン(Windows)
2017.011.30180 およびそれ以前のバージョン(macOS)

・Acrobat Reader 2017(Classic 2017)
2017.011.30180 およびそれ以前のバージョン(Windows)
2017.011.30180 およびそれ以前のバージョン(macOS)

IPAではAdobe AcrobatおよびReaderの脆弱性について、アドビシステムズ社から「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスされており早急に修正プログラムを適用するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×