OpenSSLに脆弱性、悪用されるとDoS攻撃が行われる可能性 | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

OpenSSLに脆弱性、悪用されるとDoS攻撃が行われる可能性

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月9日、OpenSSLの脆弱性に関する注意喚起を発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月9日、OpenSSLの脆弱性に関する注意喚起を発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

OpenSSL 1.1.1 および 1.0.2 のすべてのバージョン

12月08日(米国時間)に、OpenSSL ProjectからOpenSSLの脆弱性(CVE-2020-1971)に関するアップデート情報が公開され、OpenSSLにX.509 証明書のGENERAL_NAMEがEDIPartyNameを含む場合に、GENERAL_NAME_cmp関数内でNULLポインタ参照が発生する脆弱性があることが判明した。

想定される影響としては、本脆弱性を悪用されると、OpenSSLを実行しているサーバおよびクライアントアプリケーションにて、サービス運用妨害(DoS)攻撃が行われる可能性がある。

JPCERT/CCでは、OpenSSL Projectから公開された脆弱性を修正したバージョンのOpenSSLを、十分なテストを実施の上で適用することを推奨している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×