さくらインターネット、問い合わせフォームを悪用する攻撃に注意喚起 | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

さくらインターネット、問い合わせフォームを悪用する攻撃に注意喚起

さくらインターネット株式会社は12月8日、問い合わせフォームを悪用する攻撃増加に関する注意喚起を発表した。問い合わせフォームが悪用されフィッシング詐欺のメールや偽ブランド品の広告メール等が大量送信されているという。

脆弱性と脅威 脅威動向
さくらインターネット株式会社は12月8日、問い合わせフォームを悪用する攻撃増加に関する注意喚起を発表した。問い合わせフォームが悪用されフィッシング詐欺のメールや偽ブランド品の広告メール等が大量送信されているという。

同社によると、Webサイトの問い合わせフォームに、問い合わせ送信後の自動返信を行っているフォームを設置したサイトを攻撃対象で、特にWordPress利用の場合は、フォームプラグインのContact Form 7が対象となるケースが多く見られるが、それ以外のフォームプラグインやプログラムでも被害が確認されている。

手口としては、問い合わせした人のメールアドレス欄にスパムメールを送りたいメールアドレスが入力され、問い合わせ内容にフィッシングサイトや広告のリンクを入力、送信ボタンをクリックすることで、スパムメールを送りたい相手に自動返信メールが送信される。

同社では対策として、自動返信機能をOFFにするか、Googleの不正投稿対策サービスである「reCAPTCHA」の利用を推奨している。

また、同社のサービスにてWordPressを利用する場合は、プラグイン、本体は常に最新版を利用することを引き続き依頼するとともに、フォーム機能の悪用については最新版へアップデートしても解決しないため設定の確認と対策をするよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×