第一印刷所の勘定系サーバに不正アクセス、制作業務には影響無し | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

第一印刷所の勘定系サーバに不正アクセス、制作業務には影響無し

株式会社第一印刷所は10月28日、同社が利用する社内サーバの一部に第三者からの不正アクセスがあり、情報流出の可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社第一印刷所は10月28日、同社が利用する社内サーバの一部に第三者からの不正アクセスがあり、情報流出の可能性が判明したと発表した。

これは10月21日に、同社社内サーバの異常を確認し調査したところ、外部からの不正アクセスの可能性があるためセキュリティ対策会社と対応を協議、一次対応を行ったというもの。侵入経路や影響範囲については現在、調査を行っている。

同社によると、不正アクセスの対象サーバは社内の勘定系業務用のデータが中心で、制作系業務は別なネットワークで運用をしているため、顧客の制作データや印刷業務には影響は無い。

同社では10月22日に、警察署に不正アクセスの被害届を提出、JIPDECにも報告するとともに第一報を発表した。

同社では10月23日に一次対応を完了し通常業務を再開したが、10月27日から社外セキュリティ対策会社による侵入経路や影響範囲の調査を開始、ログの監視や業務の復旧、セキュリティ対策の追加を継続している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×