Flatt Security「脆弱性リサーチプロジェクト」実績公開、7ヶ月で44個の脆弱性報告 | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

Flatt Security「脆弱性リサーチプロジェクト」実績公開、7ヶ月で44個の脆弱性報告

株式会社Flatt Securityは11月17日、2020年4月に発足した「脆弱性リサーチプロジェクト」の実績を公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社Flatt Securityは11月17日、2020年4月に発足した「脆弱性リサーチプロジェクト」の実績を公開した。

同社によると、2020年4月の発足から7ヶ月でLinuxやQEMU、国内製CMSに関する脆弱性など44個を報告、実績公開にあわせ、コーポレートサイトに専用ページを新設し今後も随時成果を報告する。また、CVE-2020-15702や発見した0dayについて、ブログ内で技術的解説を行っている。

同社では、「セキュリティ診断サービス」や「アンチウイルスソフト性能検証サービス」をはじめ、SaaS型eラーニングサービス「Flatt Security Learning Platform」を提供、「脆弱性リサーチプロジェクト」に所属するメンバーも「セキュリティ診断サービス」の診断業務に従事している。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×