ウイルスバスター クラウドに任意のファイルが削除可能な脆弱性 | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

ウイルスバスター クラウドに任意のファイルが削除可能な脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月18日、トレンドマイク製ウイルスバスター クラウドにおける任意のファイルが削除可能な脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月18日、トレンドマイクロ株式会社製ウイルスバスター クラウドにおける任意のファイルが削除可能な脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

ウイルスバスター クラウド バージョン 16.0

JVNによると、トレンドマイクロ株式会社が提供するウイルスバスター クラウドには、権限の低いユーザが製品の「データ消去ツール」機能を利用し、より高い権限が設定されたファイルを削除可能となる脆弱性が存在し、想定される影響として、当該製品にアクセス可能な第三者によって任意のファイルやフォルダを消去される可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとにパッチを適用するよう呼びかけている。なお、パッチは自動的に配信・適用され、バージョン16.0.1409以降は、本脆弱性に対応済み。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×