人工知能技術「Hitachi AI Technology/H」をSaaSで利用、ログやアラートをクラウドで分析 | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

人工知能技術「Hitachi AI Technology/H」をSaaSで利用、ログやアラートをクラウドで分析

株式会社日立製作所は11月4日、人工知能技術「Hitachi AI Technology/H」を活用した「セキュリティ監視業務効率化AIソリューション SaaS版」を開発し、セキュリティ分野におけるLumadaの新たなソリューションの1つとして10月から提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立製作所は11月4日、人工知能技術「Hitachi AI Technology/H」を活用した「セキュリティ監視業務効率化AIソリューション SaaS版」を開発し、セキュリティ分野におけるLumadaの新たなソリューションの1つとして10月から提供開始したと発表した。

同ソリューションでは、各機器のログと、ログ分析システムが発するサイバー攻撃検出時のアラートに対するセキュリティ技術者の判定結果をAIで学習、その学習結果をもとに大量の誤検知を識別し、分析・調査が必要なアラートをAIにて判定する。

今回、同社が提供開始するSaaS版は、顧客の環境にあるSIEMサーバに蓄積されたログやアラートなどの連携データをネット経由でクラウド環境へアップロードすることでAIを利用、同社が提供するWeb UI、Web APIツールを用いてHTTPSによるセキュアなデータ連携が可能となる。同ソリューションは、「SaaS導入支援サービス」と「SaaS月額サービス」のメニューがあり、詳細については同社のセキュリティ窓口に問い合わせのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×