1つのデータを無意味化し3つに分散、100年単位の超長期情報保管に耐えるストレージシステム | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

1つのデータを無意味化し3つに分散、100年単位の超長期情報保管に耐えるストレージシステム

100年単位の超長期情報保管にも耐える「データを無意味化して格納するストレージシステム」のプロトタイプの開発に成功したと、株式会社ZenmuTechと株式会社ワイ・デー・ケー、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が10月28日に発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
100年単位の超長期情報保管にも耐える「データを無意味化して格納するストレージシステム」のプロトタイプの開発に成功したと、株式会社ZenmuTechと株式会社ワイ・デー・ケー、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が10月28日に発表した。

世代をまたいで影響を受ける医療情報や、変更不可能な生体情報などの個人情報の保存には、超長期にわたり高いセキュリティが求められるが、今回開発したシステムをPCやサーバ、複合機などのストレージとして利用することで、来たる量子コンピュータの時代にも暗号解読の脅威から解放されるデータ保管(ストレージシステム)ソリューションの実現が可能となる。

同社らが今回開発したストレージシステムのプロトタイプは、物理乱数ドングル、PC上で動作する秘密分散ドライバー、外部ストレージ(USBメモリ)で構成され、物理乱数ドングルは携帯電話程度の大きさで可搬性に優れ、USB接続なのでPCへの脱着も容易、秘密分散ドライバーは当該物理乱数ドングルで生成した物理乱数を用いて秘密分散技術によりデータを無意味化し3つに分散されたデータ(分散データ)を作成する。

コンピュータ性能の向上や量子コンピュータが実用化しても、一つの分散データから元の情報を復元することは理論的に不可能で、分散データを保存したハードディスクなどのメディアを分散管理すれば、紛失時や廃棄時の際も情報漏えいが発生する危険性が無くなる。この特徴で超長期の情報保管を可能にし、100年を超える世代間でのデータ保護を可能にした。

秘密分散ドライバーにより提供されるストレージへのファイル操作において、ユーザは特別な操作を意識する必要がなく、いつも通り保存するだけでソフトウェアが自動的に物理乱数を用いて分散データを作成、安全なデータ保管が完了する。

今回開発したストレージシステムのプロトタイプは、今後、持ち出し環境でのPC利用やサーバでの利用、複合機での利用で情報漏えい等を防止することが可能となる。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×