「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月21日、「情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況[2020年第3四半期(7月~9月)]」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
相談件数の推移
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月21日、「情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況[2020年第3四半期(7月~9月)]」を発表した。このレポートは、同四半期の間にセキュリティセンターで対応した「相談」の統計についてまとめたもの。同四半期に寄せられた相談件数は3,245件で、前四半期から約83.3%増加した。このうち85%にあたる2,747件を相談員が電話対応している。

相談のうち、ウイルスを検出したという偽警告で不安を煽り、電話をかけさせてサポート契約やソフトウェア購入に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談件数は677件で、前四半期から約71. 8%増加している。「ワンクリック請求」に関する相談は65件で、前四半期から約41.3%の増加。「不正ログイン」に関する相談は、前四半期から約59.4%増加の102件であった。

また、「宅配便業者をかたる偽SMS」に関する相談は479件と前四半期から約27.7%増加、「仮想通貨で金銭を要求する迷惑メール」に関する相談は65件で前四半期から約58.5%と増加、「iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知」に関する相談は133件と前四半期(19件)の約7倍と大幅に増加、「Facebookのメッセンジャーに届く動画」に関する相談も125件と前四半期(7件)から約17.9倍と大幅に増加している。

さらに今四半期は「Emotet関連」に関する相談が前四半期の1件に対して308件と激増している。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

    1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

  2. 2022年 日本人のサイバー犯罪被害総額 1千億円超、最多遭遇犯罪はフィッシング

    2022年 日本人のサイバー犯罪被害総額 1千億円超、最多遭遇犯罪はフィッシング

  3. ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

    ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

  4. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  5. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  6. ISOG-J「脆弱性トリアージガイドライン作成の手引き」公開

  7. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  8. CrowdStrike、ウクライナ関係機関への破壊的オペレーションについて予測

  9. 拡張子「.akira」で暗号化するランサムウェア「Akira」~ 1988年のあの映画か

  10. 敵対的 AI 対抗で「侵入前提」から「予防優先」に転換

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×