ニンテンドースイッチ用無許可OS販売業者、損害賠償金200万ドル支払いで和解 | ScanNetSecurity
2021.09.29(水)

ニンテンドースイッチ用無許可OS販売業者、損害賠償金200万ドル支払いで和解

ニンテンドー・オブ・アメリカは今年5月、ウェブサイト停止のほか、販売一件あたり2,500ドルの損害賠償を求めていました。

国際 海外情報

ニンテンドースイッチ用無許可OS「SX OS」を販売していた業者「UberChips」とその運営者Tom Dilts Jr.氏は、Nintendo of Americaに対し損害賠償金200万ドル(およそ2億1千万円)を支払うことで和解しました。海外メディアTorrentFreakが伝えています。

被告側は上の損害賠償金のほか、「SX Pro」「SX Core」「SX Lite」など任天堂の著作権を侵害するあらゆるデバイスの販売禁止・在庫破棄、ウェブサイト停止にも同意しています。

「SX OS」とは、「Team Xecuter」と呼ばれる匿名のハッカーグループが開発した、ニンテンドースイッチで海賊版ゲームのプレイを可能にする無許可OS。Nintendo of Americaは今年5月、これらの製品に対し「甚大な被害を与え続けている」として、ウェブサイト停止のほか、販売一件あたり2,500ドルの損害賠償を求めていました。

ニンテンドー・オブ・アメリカが無許可OS販売業者「UberChips」と和解―損害賠償として200万ドルを得る

《S. Eto》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×