ニンテンドースイッチ用無許可OS販売業者、損害賠償金200万ドル支払いで和解 | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

ニンテンドースイッチ用無許可OS販売業者、損害賠償金200万ドル支払いで和解

ニンテンドー・オブ・アメリカは今年5月、ウェブサイト停止のほか、販売一件あたり2,500ドルの損害賠償を求めていました。

国際 海外情報

ニンテンドースイッチ用無許可OS「SX OS」を販売していた業者「UberChips」とその運営者Tom Dilts Jr.氏は、Nintendo of Americaに対し損害賠償金200万ドル(およそ2億1千万円)を支払うことで和解しました。海外メディアTorrentFreakが伝えています。

被告側は上の損害賠償金のほか、「SX Pro」「SX Core」「SX Lite」など任天堂の著作権を侵害するあらゆるデバイスの販売禁止・在庫破棄、ウェブサイト停止にも同意しています。

「SX OS」とは、「Team Xecuter」と呼ばれる匿名のハッカーグループが開発した、ニンテンドースイッチで海賊版ゲームのプレイを可能にする無許可OS。Nintendo of Americaは今年5月、これらの製品に対し「甚大な被害を与え続けている」として、ウェブサイト停止のほか、販売一件あたり2,500ドルの損害賠償を求めていました。

ニンテンドー・オブ・アメリカが無許可OS販売業者「UberChips」と和解―損害賠償として200万ドルを得る

《S. Eto》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×