社員パソコンが「Emotet」に感染、顧客先で不審メールを確認(エン・ジャパン) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

社員パソコンが「Emotet」に感染、顧客先で不審メールを確認(エン・ジャパン)

エン・ジャパン株式会社は9月18日、同社社員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、同社社員を装った第三者からの不審メールが複数発信された事実を確認したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
エン・ジャパン株式会社は9月18日、同社社員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、同社社員を装った第三者からの不審メールが複数発信された事実を確認したと発表した。

これは9月16日に、同社社員が取引先を騙る不審メールの添付ファイルを開封し、当該社員のパソコンがEmotetに感染し、翌9月17日に当該社員を装った第三者からの不審メールが社外の顧客へ送信されている旨の申告があり判明したというもの。

流出したのは、当該社員とメール送受信を行った差出人名含む一部のメールアドレス。

同社によると不審メールは、差出人名は同社社員名または同社が運営するサイト名だが、メールアドレスは攻撃者のアドレスとなっており、件名は過去にやり取りしたメール件名、または受信者のメールアドレスに設定されている差出人名などになっており、添付ファイルとして「xxxxxx-20200918.zip」のようなファイル名が日付のZIPファイルが確認されている。

同社では今後、セキュリティ対策を強化し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×