WordPress用プラグイン「File Manager」の脆弱性、最新版へのアップデートを呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

WordPress用プラグイン「File Manager」の脆弱性、最新版へのアップデートを呼びかけ(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月18日、WordPress用プラグイン「File Manager」の脆弱性対策について発表した。影響を受けるシステムは、WordPress用プラグイン「File Manager」6.9より前のバージョン。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月18日、WordPress用プラグイン「File Manager」の脆弱性対策について発表した。影響を受けるシステムは、WordPress用プラグイン「File Manager」6.9より前のバージョン。

WordPress用プラグイン「File Manager」は、サーバへのファイルのアップロードや削除などの操作機能を追加するプラグインで、任意のコード実行の脆弱性(CVE-2020-25213)が存在し、悪用された場合、認証されていない遠隔の第三者によって、悪意のあるファイルをアップロードされ、任意のコードが実行される可能性がある。なお、本脆弱性を悪用した攻撃が確認されたとの情報がある。

IPAでは対策として、開発者が脆弱性を修正した最新版を公開しているのでアップデートを実施するよう呼びかけている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×