「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開(CSAJ) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開(CSAJ)

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は9月3日、Software ISACで実施した「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は9月3日、Software ISACで実施した「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開した。

OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準は、アーキテクト、開発者、テスター、セキュリティ専門家、ツールベンダ、アプリケーション利用者を対象に、最新のWebアプリケーションおよびWebサービスを設計、開発、テストする際に必要となる、機能的および非機能的なセキュリティ対策の定義に焦点を当て、セキュリティ要件や対策の枠組みを確立するためのドキュメント。OWASPの長年にわたる取り組みと同基準を利用する業界からのフィードバックの集大成で、安全なソフトウェア開発のライフサイクルを通し、さまざまなユースケースに採用できるようになっている。

Software ISACでは今後、同基準の日本語邦訳文書を活用し、会員企業向けには「Webアプリケーションの検証方法の勉強会」や「セキュア開発方法の勉強会」などを提供し、またセキュリティベンダー向けに「Webアプリケーションの検証プログラムを提供」するためのメニュー化を推進、ユーザー企業向けには「Webアプリケーション開発の検収条件としていくための啓発活動」や「脆弱性対応に要するコスト理解の促進」などの活動に繋げていくことを検討している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×