複数の三菱電機製品のTCPプロトコルスタックにセッション管理不備の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

複数の三菱電機製品のTCPプロトコルスタックにセッション管理不備の脆弱性(JVN)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月31日、複数の三菱電機製品のTCPプロトコルスタックに存在するセッション管理不備の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月31日、複数の三菱電機製品のTCPプロトコルスタックに存在するセッション管理不備の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

シーケンサ MELSEC の複数シリーズ
表示器 GOT の複数シリーズ
インバータ FREQROL の複数シリーズ
ロボット MELFA の複数シリーズ
AC サーボ MELSERVO の複数シリーズ
三菱省エネデマンド監視サーバ E-Energy の複数シリーズ
データ収集アナライザ MELQIC IU1-1M20-D 全バージョン
テンションコントローラ LE7-40GU-L 全バージョン

想定される影響としては、第三者による正規の機器へのなりすましが行われ任意のコマンドを実行された結果、情報漏えいや情報の改ざんなどが行われる可能性がある。

JVNでは、アップデートが提供されている製品シリーズおよびバージョンに関してはアップデートを適用し、対策バージョンがリリースされていない、またはアップデートを適用できない場合には、当該製品をインターネットに接続する場合にはファイアウォールや仮想プライベートネットワーク(VPN)などを使用すること、当該製品の使用はLAN内に限定し信頼できなネットワークやホストからのアクセスを制限すること、該当製品へアクセス可能なパソコンにウイルス対策ソフトを搭載する等の回避策を適用し本脆弱性の影響を軽減するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×