「そこにIDとパスワードがある限り」2018年からのパスワードリスト攻撃総括(アカマイ・テクノロジーズ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

「そこにIDとパスワードがある限り」2018年からのパスワードリスト攻撃総括(アカマイ・テクノロジーズ)

アカマイ・テクノロジーズ合同会社は7月、「インターネットの現状/セキュリティ」レポート「メディア業界におけるCredential Stuffing」を公開した。Credential Stuffingとはパスワードリスト攻撃のこと。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アカマイ・テクノロジーズ合同会社は7月、「インターネットの現状/セキュリティ」レポート「メディア業界におけるCredential Stuffing」を公開した。Credential Stuffingとはパスワードリスト攻撃のこと。

同レポートでは、2018年1月1日から2019年12月31日までのデータを深く掘り下げ、Credential Stuffingがメディア企業に及ぼした影響についての分析を記載。Akamaiによると、24ヶ月間に記録されたメディア業界へのCredential Stuffing攻撃は170億件にのぼり全業界への攻撃880億件の約20%に相当し、最大の標的の1つであるとのこと。2018年と2019年の不正ログイン試行件数の月ごとの比較や、攻撃の発信元や標的地域について記載している。

同レポートでは、ユーザー名とパスワードがある限り、犯罪者はそれらを狙い、消費者と組織およびその情報を危険にさらすことになり、パスワードの共有や使い回しは攻撃者への最大の貢献であるとし、啓発プログラムの重要性を説いている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×