実践的ポイントをわかりやすく「セキュリティ10大脅威2020一般利用者向け」公開(IPA) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

実践的ポイントをわかりやすく「セキュリティ10大脅威2020一般利用者向け」公開(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月25日、「情報セキュリティ10大脅威2020[個人編](一般利用者向け)」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月25日、「情報セキュリティ10大脅威2020[個人編](一般利用者向け)」を公開した。「情報セキュリティ10大脅威2020」は、2019年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案をランキングしたもので、IPAが脅威候補を選出し「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したもの。「個人」と「組織」の視点で10大脅威を選出している。

今回、公開した「情報セキュリティ10大脅威2020[個人編](一般利用者向け)」は「情報セキュリティ10大脅威2020[個人編]」の中からポイントとなる箇所をよりわかりやすく解説。主に個人のパソコンやスマホでインターネットを利用する一般ユーザー視点でインターネットトラブルを避けるための対策に着目し、10大脅威からみえる日々のインターネット利用における注意点についてアドバイスを行っている。

ランキング1位となった「スマホ決済の不正利用」については、対策としてパスワードの使いまわしを避けること、二要素認証や3Dセキュアが利用できるサービスであれば利用することを対策として挙げている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×