Siemensから各製品向けアップデートが公開(JVN) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

Siemensから各製品向けアップデートが公開(JVN)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月12日、Siemensから各製品向けのアップデートが公開されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。対象となる製品は下記の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月12日、Siemensから各製品向けのアップデートが公開されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。対象となる製品は下記の通り。

・SSA-809841: Buffer Overflow Vulnerability in Third-Party Component pppd
RUGGEDCOM RM1224 6.3 より前のバージョン
SCALANCE M-800 / S615 6.3 より前のバージョン

・SSA-712518: Information Disclosure Vulnerability (Kr00k) in Industrial Wi-Fi Products
SIMATIC RF350M すべてのバージョン
SIMATIC RF650M すべてのバージョン
SIMOTICS CONNECT すべてのバージョン

・SSA-786743: Code Injection Vulnerability in Advanced Reporting for Desigo CC and Desigo CC Compact
Desigo CC バージョン 3.x 系
Desigo CC バージョン 4.x 系
Desigo CC Compact バージョン 3.x 系
Desigo CC Compact バージョン 4.x 系

・SSA-388646: Local Privilege Escalation in Automation License Manager
Automation License Manager 5 すべてのバージョン
Automation License Manager 6 v6.0.8 より前のバージョン

・SSA-370042: Cross-Site-Scripting (XSS) in SICAM A8000 RTUs
SICAM WEB firmware for SICAM A8000 RTUs v05.30 より前のバージョン

想定される影響は各脆弱性により異なるが、遠隔の第三者による任意コードの実行、情報の窃取、権限の昇格やファイルの改ざん、遠隔の第三者による Web アプリケーションの機密性、整合性、可用性への影響を受ける可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。また、脆弱性ごとのワークアラウンドも紹介している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×