Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラム公表、至急の適用を呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラム公表、至急の適用を呼びかけ(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月12日、Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されたと発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月12日、Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されたと発表した。

これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムの異常終了や攻撃者によるパソコン制御等の被害が発生するおそれがある。

特に、スクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性(CVE-2020-1380)とWindowsのなりすましの脆弱性(CVE-2020-1464)について、Microsoft社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、修正プログラムを適用するよう呼びかけている。

脆弱性の解消のためには、Windows Updateを利用しMicrosoft社から提供されている修正プログラムを適用する必要がある。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×