攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況を公開(IPA) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況を公開(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月28日、7月中旬から攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月28日、7月中旬から攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況について発表した。

「Emotet」は2020年2月上旬以降、攻撃メールが観測されない状態が続いていたが、7月中旬から攻撃活動が再開、攻撃の手口はこれまでと大きくは変わらないため、受信メールに添付されたWord文書ファイル等が信頼できるものと判断できない限り「コンテンツの有効化」を行わないよう注意を呼びかけている。

IPAによると、「請求書の件です。」「ご入金額の通知」「ご請求書発行のお願い」「会議への招待」「ドキュメント」等のメール件名や添付ファイルが観測されており、また、不正なWord文書ファイルが直接メールに添付されている手口の他にも、ファイル形式が異なっていたり、URLリンクから不正なWord文書ファイルをダウンロードさせる手口も観測されている。

なお、IPAでは7月20日頃に、ある国内企業のメールアカウントが攻撃者に悪用され、外部へEmotetの攻撃メールがばら撒かれたという事案も確認している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×