「仮想通貨で金銭を要求する迷惑メール」のみ微増、2020年第2四半期相談状況(IPA) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

「仮想通貨で金銭を要求する迷惑メール」のみ微増、2020年第2四半期相談状況(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月21日、2020年第2四半期(4月~6月)の情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月21日、2020年第2四半期(4月~6月)の情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況を公開した。

今四半期の相談員対応件数は1,770件で、前四半期から約10.3%減となっている。なお、IPA情報セキュリティ安心相談窓口では、新型コロナウイルスの感染拡大防止と職員の安全確保のため4月9日から5月31日は相談電話対応業務を停止していた。

今四半期の主な手口における対応件数について、「ウイルス検出の偽警告」に関する相談は394件で前四半期から約8.8%減、「ワンクリック請求」に関する相談は46件で前四半期から約19.3%減、「不正ログイン」に関する相談は64件で前四半期から約20.0%減、「宅配便業者をかたる偽SMS」に関する相談は375件で前四半期から約7.2%減、「仮想通貨で金銭を要求する迷惑メール」に関する相談は41件で前四半期から約2.5%増となっている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×