沈静化していた「Emotet」、感染につながるメールを確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

沈静化していた「Emotet」、感染につながるメールを確認(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「マルウエア Emotet の感染に繋がるメールの配布活動の再開について」とする注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月20日、「マルウエア Emotet の感染に繋がるメールの配布活動の再開について」とする注意喚起を発表した。これは、2020年7月17日頃より、マルウエア「Emotet」の感染につながるメールが配布されているとの情報が確認されているというもの。

Emotetは、情報窃取を行うだけでなく、感染端末から窃取した情報を用いてスパムメールを送信し、さらに感染拡大を試みる機能などを有するマルウエア。Emotetは2019年10月から日本国内で感染事例が相次ぎ、JPCERT/CCでも注意喚起を行っていたが、2020年2月以降はEmotetの感染につながるメールの配布は確認されていなかったという。

今回、観測されているメールも、以前と同様に添付ファイルまたは本文にリンクを含むメールであり、添付ファイルや本文中のリンクからダウンロードされるファイルを実行すると、マクロを有効化するよう表示され、有効化するとEmotetの感染につながることが確認されている。今後、あらためてEmotetの感染につながるメール受信や感染被害が増加する怖れがあるため、JPCERT/CCでは警戒を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×