ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT) | ScanNetSecurity
2020.08.07(金)

ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

NICTサイバーセキュリティ研究室 NICTER プロジェクトは、「NICTER観測統計 - 2020年1月~3月」と題するブログをNICTER Blogにおいて公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)サイバーセキュリティ研究室 NICTER プロジェクトは7月8日、「NICTER観測統計 - 2020年1月~3月」と題するブログをNICTER Blogにおいて公開した。これは、NICTERプロジェクトの大規模サイバー攻撃観測網(ダークネット観測網)における2020年1月1日から3月31日までの四半期の観測結果をまとめたもの。

ブログによると、2020年第1四半期の総観測パケット数は約1,184億であった。この3カ月だけで2018年年間の同パケット数(約2,121億)の半分以上、2019年年間の同パケット数(約3,279億)の1/3近くの値となっており、インターネット空間のスキャン活動は依然として活発化している。

日ごとの観測パケット数、ユニークホスト数の推移では、2月2日頃からオランダの大規模な調査スキャンによりTCPパケットが増加した。また、3月から数回にわたってTCPのユニークホスト数のピークを観測している。これは日本を含む世界中から送信されるSYN-ACKパケットで、3月11日には1日でパケット数が約25億、ユニーク送信元IPアドレス数は7千万を超えた。3月14日には約26億パケットを観測、3月20日以降も小規模ながら数回観測されている。

この大規模SYN-ACKパケットを除けば、スキャン活動は微増傾向で推移した。MiraiをはじめとするIoT機器を攻撃対象とするマルウェアによるスキャン活動も多いが、Windows機器を狙ったスキャンもやや増加傾向にある。また、脆弱性が明らかになってから攻撃に利用されるまでの期間は、Xiongmai製ビデオレコーダでは約1週間、ZyXEL社製NAS製品では約2週間であった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×