マルウェアの3分の2が暗号化、四半期レポート(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

マルウェアの3分の2が暗号化、四半期レポート(ウォッチガード)

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は7月1日、四半期毎に発行する「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2020年第1四半期)を発表した。

調査・レポート・白書 ブックレビュー
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は7月1日、四半期毎に発行する「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2020年第1四半期)を発表した。

レポートでは、暗号化されたHTTPS接続経由で配信されたマルウェアの比率に関するデータを報告しており、検知されたマルウェアの67%がHTTPS経由で配信され、暗号化されたマルウェアの72%がゼロデイに分類されていたとし、HTTPSインスペクションの必要性を訴えた。

レポートに記載されたその他のトピックとして「Moneroクリプトマイナーが急増」「Flawed-AmmyyとCryxosマルウェア亜種が上位にランキング」「3年前のAdobeの脆弱性がネットワーク攻撃のトップにランキング」などが挙げられている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×