マルウェアの3分の2が暗号化、四半期レポート(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

マルウェアの3分の2が暗号化、四半期レポート(ウォッチガード)

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は7月1日、四半期毎に発行する「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2020年第1四半期)を発表した。

調査・レポート・白書 ブックレビュー
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は7月1日、四半期毎に発行する「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2020年第1四半期)を発表した。

レポートでは、暗号化されたHTTPS接続経由で配信されたマルウェアの比率に関するデータを報告しており、検知されたマルウェアの67%がHTTPS経由で配信され、暗号化されたマルウェアの72%がゼロデイに分類されていたとし、HTTPSインスペクションの必要性を訴えた。

レポートに記載されたその他のトピックとして「Moneroクリプトマイナーが急増」「Flawed-AmmyyとCryxosマルウェア亜種が上位にランキング」「3年前のAdobeの脆弱性がネットワーク攻撃のトップにランキング」などが挙げられている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×