日本標準産業分類別、15産業のセキュリティ対策ベンチマーク統計(IPA) | ScanNetSecurity
2020.07.12(日)

日本標準産業分類別、15産業のセキュリティ対策ベンチマーク統計(IPA)

IPAは、「情報セキュリティ対策ベンチマークVer.5.0」における診断データの統計情報を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は6月11日、「情報セキュリティ対策ベンチマークVer.5.0」における診断データの統計情報を公開した。同ベンチマークは、Web上の質問に答えることで、自組織の情報セキュリティへの取組状況を自己診断できるもの。また、同ベンチマークを利用した他者の診断データとの比較も可能で、これによりレーダーチャートによる比較や散布図による自社の位置を確認することができる。

利用状況は直近(2019年度)で、ログインIDを登録せずに実施する「一時利用」が1,290件、ログインIDを登録して実施する「登録利用」が596件となっている。IPAでは利用した企業について、入力された数値による企業規模や産業別のほか、高水準のセキュリティレベルが要求される層「グループ I」、相応の水準のセキュリティレベルが望まれる層「グループ II」、情報セキュリティ対策が喫緊の課題でない層「グループ III」に分類している。

統計情報は、企業規模別のほか産業別の詳細な結果も掲載される。企業規模別では、中小企業(従業員数300名以下)では、「不正プログラム対策」「ネットワークのアクセス制御」「従業者との契約」「データへのアクセス」「業務アプリへのアクセス」といった項目が高い数値となっている。大企業(従業員数300名を超える)では、「不正プログラム対策」「ネットワークのアクセス制御」「従業者との契約」「通信ネットワーク保護策」「建物等のセキュリティ」が高かった。なお、いずれもIPAによる「望まれる水準」を満たしていなかった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×