ペネトレーションテストサービス提供開始、社外取締役上野氏も担当(Flatt Security) | ScanNetSecurity
2022.07.06(水)

ペネトレーションテストサービス提供開始、社外取締役上野氏も担当(Flatt Security)

Flatt Securityは、「ペネトレーションテスト」の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社Flatt Securityは6月4日、「ペネトレーションテスト」の提供を開始したと発表した。ペネトレーションテストとは、対象の社内ネットワークやプロダクトなどに対して、サイバー攻撃者によりシステムへの侵入・特権の奪取といった目標を達成されてしまうリスクの有無を検証するセキュリティテスト。実際の攻撃者を想定して擬似的に攻撃することで検証を行う。

同社のペネトレーションテストでは、事前のヒアリングによりユーザの要望や必要性に合わせ、専門のセキュリティエンジニアが次のテストを実施する。

・ブラックボックステスト
・ホワイトボックステスト
・システムの外部を起点とするテスト
・システムの内部を起点とするテスト

費用は500万円からで、対象とするシステムの規模や範囲、作業期間や労力によって費用が変わる。なお、テストは同社の社外取締役を務める上野宣氏もテストに携わる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×