政府機関向けにクラウドサービス事業者を評価する制度を開始(総務省ほか) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

政府機関向けにクラウドサービス事業者を評価する制度を開始(総務省ほか)

総務省、内閣官房、経済産業省は、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP:Information system Security Management and Assessment Program)」の運用を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
総務省、内閣官房、経済産業省は6月3日、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP:Information system Security Management and Assessment Program)」の運用を開始したと発表した。同制度は、クラウドサービスに対して情報セキュリティ監査の枠組みを活用した評価プロセスに基づいて監査を実施し、同制度で定められた基準を満たしたセキュリティ対策を実施しているか確認する制度。監査基準を満たしたクラウドサービスは、同制度が公表するリストに登録される。

監査を行う機関についても、同制度の要求事項を満たした監査機関を「監査機関リスト」に登録していく。クラウドサービス事業者は、ISMAP監査機関リストに登録された監査機関に監査を依頼し、管理基準に基づいた情報セキュリティ対策の実施状況について監査基準等に基づき監査を受ける。これにより、各政府機関等が、一定の情報セキュリティ対策の実施が確認されたクラウドサービスを効率的に調達できるようにすることを目指す。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×