コロナで需要急伸サービスが標的 -- DDoS攻撃レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.11.29(月)

コロナで需要急伸サービスが標的 -- DDoS攻撃レポート(カスペルスキー)

カスペルスキーは、同社の調査チームによる2020年第1四半期(1~3月)のDDoS攻撃に関する調査結果を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社カスペルスキーは5月22日、同社調査チームによる2020年第1四半期(1~3月)のDDoS攻撃に関する調査結果を公開した。同四半期に同社の「Kaspersky DDoS Protection」が検知およびブロックしたDDoS攻撃数は、前年同期を100%ととした場合、80%の増加、2019年第4四半期と比較すると2倍となった。平均攻撃時間も延びており、前年同期比で25%増加した。

2020年第1四半期は、新型コロナウイルスの世界的な流行で、仕事や学習、レジャーの多くがオンラインで行われるようになった。サイバー攻撃者もオンラインサービスの需要の増加に目をつけ、オンラインゲームのサーバや米国の保健福祉省、フランスの医療機関グループなど、重要度の高いサービスや需要が伸びているサービスが標的となっている。また、企業のVPNゲートウェイやメールサーバなども標的になるケースが増えたとしている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×