PowerDNS Recursorに複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS) | ScanNetSecurity
2024.02.22(木)

PowerDNS Recursorに複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS)

JPRSは、「PowerDNS Recursor」の脆弱性情報を公開した。これは、フルリゾルバ(キャッシュDNSサーバ)「PowerDNS Recursor」がアップデートされ、複数の脆弱性情報が公開されたことを受けたもの。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は5月21日、「PowerDNS Recursor」の脆弱性情報を公開した。これは、フルリゾルバ(キャッシュDNSサーバ)「PowerDNS Recursor」がアップデートされ、複数の脆弱性情報が公開されたことを受けたもの。

「PowerDNS Recursor」には、次の脆弱性が存在する。

・再帰的なDNSサービスを使用してサードパーティの権威ネームサーバを攻撃可能にするDNSプロトコルの脆弱性(CVE-2020-10995)
・SOAがないNXDOMAIN応答の回答セクションのレコードが適切に検証されない脆弱性(CVE-2020-12244)
・初期化されていないメモリを開示できる脆弱性(CVE-2020-10030)

これらの脆弱性を修正した最新バージョンは次の通り。

PowerDNS Recursor 4.3.1
PowerDNS Recursor 4.2.2
PowerDNS Recursor 4.1.16
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×