Samsung製Android端末に任意コード実行の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.05.27(水)

Samsung製Android端末に任意コード実行の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Samsungが提供するQmageファイル用コーデック「Samsung Qmage codec for Android Skia library」にメモリ破壊の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月15日、Samsungが提供するQmageファイル用コーデック「Samsung Qmage codec for Android Skia library」にメモリ破壊の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。「Android O (8.x)」「Android P (9.0)」「Android Q (10.0)」が動作するSamsung製Android端末が影響を受ける。

Samsung Qmage codec for Android Skia libraryには、Qmageフォーマットの画像ファイルを処理する際にメモリ破壊が発生し、結果として任意のコードが実行される脆弱性(CVE-2020-8899)が存在する。また、Google Project Zeroによるファジングテストでは、メモリ破壊が発生するケースが1,500以上発見され、そのうち少なくとも1件は細工されたMMSメッセージの送信で発生したと報告されている。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×