「ニンテンドーネットワークID」にパスワードリスト型攻撃、約16万アカウントが対象に(任天堂) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

「ニンテンドーネットワークID」にパスワードリスト型攻撃、約16万アカウントが対象に(任天堂)

任天堂株式会社は4月24日、「ニンテンドーネットワークID」へのなりすましログインを利用した「ニンテンドーアカウント」への不正ログインを確認したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
任天堂株式会社は4月24日、「ニンテンドーネットワークID」へのなりすましログインを利用した「ニンテンドーアカウント」への不正ログインを確認したと発表した。

これは4月上旬頃から、同社がニンテンドー3DSシリーズやWii U用に提供する「ニンテンドーネットワークID」に対し、同社サービス以外から不正に入手したログインIDとパスワード情報を用いてなりすましログインを行い、更になりすましログインを利用し、ニンテンドーネットワークID経由で一部の「ニンテンドーアカウント」への不正ログインが確認されたというもの。

不正ログインを受けた可能性のあるニンテンドーネットワークIDは約16万アカウントで、第三者に閲覧された可能性があるのはニックネーム、生年月日、国/地域、メールアドレス。更にニンテンドーネットワークIDが連携されているニンテンドーアカウント(二段階認証設定されているものを除く)の氏名、生年月日、性別、国/地域、メールアドレスも第三者に閲覧された可能性がある。

同社では4月24日から、ニンテンドーネットワークIDを経由してニンテンドーアカウントにログインする機能を廃止するとともに、不正ログインされた可能性があるニンテンドーネットワークIDやニンテンドーアカウントに対し、順次パスワードリセットを行う予定で、パスワードリセットを行った会員に対し、メールにてパスワード再設定を依頼する。

また同社では、同社サービスを安全、安心に利用するためにニンテンドーネットワークIDとニンテンドーアカウントには異なるパスワードを設定するとともに、ニンテンドーアカウントへの二段階認証設定を呼びかけている。

同社では今後、より一層のセキュリティー強化と安全性の確保に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×