産業用ソフトウェア「Ignition 8 Gateway」にDoSの脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.05.25(月)

産業用ソフトウェア「Ignition 8 Gateway」にDoSの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Inductive Automationが提供する産業用ソフトウェア「Ignition 8 Gateway」に、不適切なアクセス制御の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月22日、Inductive Automationが提供する産業用ソフトウェア「Ignition 8 Gateway」に、不適切なアクセス制御の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは9.1。

「Perspective Module を実行している Ignition 8 Gateway 8.0.10 より前のバージョン」には、データベースへのログの書き込みに、認証やデータ使用領域の制限がない不適切なアクセス制御の脆弱性(CVE-2020-10641)が存在する。この脆弱性が悪用されると、遠隔の第三者によって、データベースに際限なくログを書き込まれることでハードディスクの空き領域が不足し、サービス運用妨害 (DoS) の状態を引き起こされる可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートするよう呼びかけるとともに、同脆弱性の影響を軽減するワークアラウンドを紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×