香川県で CAD データ扱う共有パソコン紛失、昨年 11 月に庁内イントラ接続以降所在不明 | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

香川県で CAD データ扱う共有パソコン紛失、昨年 11 月に庁内イントラ接続以降所在不明

香川県は 4 月 16 日、同県の総務部営繕課で使用する共有パソコン 1 台の紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 香川県は 4 月 16 日、同県の総務部営繕課で使用する共有パソコン 1 台の紛失が判明したと発表した。

 これは 3 月 17 日に、備品の照合検査を行った際に、県有建築物の新築や修理を行う、総務部営繕課の職員から共有パソコン 1 台(所得価格 298,252 円)が見当たらないと報告があり判明したというもので、同課では当該パソコンを使用していた職員に聞き取りするとともに捜索を行ったが、現時点で発見に至っていない。

 紛失した共有パソコンは、他の共有パソコン 2 台とともに執務室内のキャビネット上に設置しており、必要時に各職員が自席に持ち運び使用していたが、使用簿での管理は行っておらず、施錠できる設備で保管していなかった。

 紛失したパソコンには香川県の県有施設( 県庁東館、県営野球場、新県立体育館 )の工事の検討データ( CAD データ)が保存されていたが、個人情報等は保存されていない。

 ScanNetSecurity の取材に対し総務部営繕課の担当者は「紛失したパソコンは営繕課所有の 17.3 インチ液晶を備えたノートパソコンで、CAD のソフトがインストールされており、施工業者とのやり取り等、必要に応じて使用していた。紛失判明後に、庁内のイントラ接続履歴を確認したところ 2019 年 11 月 23 日の接続が最後で、以降の行方は分かっていない。サイズも大きく、書類等に紛れて誤って廃棄した等も考えにくく、引き続き捜索を行う」と回答した。

紛失したパソコンに関連する情報
・香川県庁 総務部 営繕課の所有
・ 17.3 インチ液晶搭載ノートパソコン
・ CAD ソフトがインストール
・営繕課職員が、施工業者とのやり取り等に使用していた
・紛失判明後、香川県庁内のイントラネット接続履歴を確認したところ 2019 年 11 月 23 日の接続を最後に行方が分からない

 総務部営繕課では今後、共有パソコンは施錠できるキャビネット内に保管するとともに使用簿で管理し再発防止に努めるとのこと。
《高杉 世界( Sekai Takasugi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×