セキュリティ対策状況、経営層600人調査(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

セキュリティ対策状況、経営層600人調査(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、同社が実施した「経営層600人に聞く最新セキュリティ対策調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社サイバーセキュリティクラウドは3月24日、同社が実施した「経営層600人に聞く最新セキュリティ対策調査」の結果を発表した。同調査は1月24日~1月26日、20~59歳の役員・経営者を対象に、インターネット調査により実施したもの。回答者数は600名(従業員規模100名未満、100~299名、300名以上の企業各200名ずつ)。

調査結果によると、経営層全体の7割以上(75.0%)がサイバーセキュリティを経営リスクとして考えていることがわかった。特に、従業員規模が300名以上の企業では86.0%と、より高い危機感を示した。一方で、従業員規模300名以上の企業のうち1年以内にサイバー攻撃の被害に遭ったのは13.5%であった。被害が発生したサイバー攻撃の種類では、「システムの障害(42.3%)」「情報漏えい(38.5%)」「業務データの破壊・損失(30.8%)」がトップ3となっている。何かしらのセキュリティ対策を講じている企業は全体の6割以上(66.0%)を占めた。

サイバーセキュリティへの投資については、全体の86.7%が「前年と同様」、もしくは「前年よりも規模を拡大」すると回答した。特に、従業員規模300名以上の企業では、46.0%の経営層が前年よりもサイバーセキュリティへ積極的に投資していくと回答した。また、AIによるセキュリティ対策の強化については38.3%が「今後、導入が必要」と考えていることも明らかになった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×