リスクマネジメント動向調査、上場企業他215社対象(東京海上日動火災保険、東京海上日動リスクコンサルティング) | ScanNetSecurity
2022.09.29(木)

リスクマネジメント動向調査、上場企業他215社対象(東京海上日動火災保険、東京海上日動リスクコンサルティング)

東京海上日動火災保険と、東京海上日動リスクコンサルティングは、企業のリスクマネジメントの動向に関する調査の結果をした。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
東京海上日動火災保険株式会社と、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社は2月28日、企業のリスクマネジメントの動向に関する調査の結果を発表した。同調査は2008年から実施しており、今回で7回目となる。調査は2019年7月から8月、上場企業および従業員規模2,000名以上の非上場企業を対象に、アンケート票の郵送・回収により実施したもの。回答企業数は215社。

調査結果によると、事業継続計画(BCP)について「策定済み」と回答した企業は全体の64.2%とほぼ横ばい。「策定済み」と回答した企業は従業員規模1,000名以上の企業に多く、78.1%を占めた。また、今回から新たに「気候変動リスクに対する企業の認識と対応状況」についても調査している。その取組みについては、回答企業の45.6%が「現時点ではいずれも実施しておらず、今後も予定ない」と答えた。

今後重点的に推進したいリスクマネジメントの取組みとしては、「コンプライアンス体制の充実」(全体の63.3%)という回答がもっとも多く、「情報セキュリティ対策の充実(51.6%)」、「地震想定のBCM・津波対策の充実(49.3%)がこれに続いた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×