「TMVP」にDLL Side-Loadingに関する脆弱性(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

「TMVP」にDLL Side-Loadingに関する脆弱性(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「Trend Micro Virtual Patch for Endpoint(TMVP)における DLL Side-Loadingに関する脆弱性(CVE-2020-8601)」をアラート/アドバイザリ情報として発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
トレンドマイクロ株式会社は2月20日、「Trend Micro Virtual Patch for Endpoint(TMVP)における DLL Side-Loadingに関する脆弱性(CVE-2020-8601)」をアラート/アドバイザリ情報として発表した。この脆弱性は、TMVP Manager インストーラを実行時に同じディレクトリ内にある他のDLLファイルをロードするDLL Side-Loadingに関するもの。CVSS v3によるBase Scoreは7.8。深刻度は「高」としている。

同脆弱性の影響を受けるのは「TMVP Manager 2.0 SP2 Patch7 Critical Patch 2 以下」。脆弱性は最新のアップデートリリースで修正されている。また、インストール時の脆弱性であるため、すでにTMVP Managerをインストール済みの場合は、同脆弱性の対処としてのアップグレードは不要となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×