「TMVP」にDLL Side-Loadingに関する脆弱性(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「TMVP」にDLL Side-Loadingに関する脆弱性(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「Trend Micro Virtual Patch for Endpoint(TMVP)における DLL Side-Loadingに関する脆弱性(CVE-2020-8601)」をアラート/アドバイザリ情報として発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
トレンドマイクロ株式会社は2月20日、「Trend Micro Virtual Patch for Endpoint(TMVP)における DLL Side-Loadingに関する脆弱性(CVE-2020-8601)」をアラート/アドバイザリ情報として発表した。この脆弱性は、TMVP Manager インストーラを実行時に同じディレクトリ内にある他のDLLファイルをロードするDLL Side-Loadingに関するもの。CVSS v3によるBase Scoreは7.8。深刻度は「高」としている。

同脆弱性の影響を受けるのは「TMVP Manager 2.0 SP2 Patch7 Critical Patch 2 以下」。脆弱性は最新のアップデートリリースで修正されている。また、インストール時の脆弱性であるため、すでにTMVP Managerをインストール済みの場合は、同脆弱性の対処としてのアップグレードは不要となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×