「IIJセキュアエンドポイントサービス」にEDR機能のオプション(IIJ) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

「IIJセキュアエンドポイントサービス」にEDR機能のオプション(IIJ)

IIJは、クラウド型総合エンドポイントセキュリティサービス「IIJセキュアエンドポイントサービス」に「CylanceOPTICS(サイランスオプティクス)オプション」を追加、提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は12月9日、クラウド型総合エンドポイントセキュリティサービス「IIJセキュアエンドポイントサービス」に「CylanceOPTICS(サイランスオプティクス)オプション」を追加、同日より提供を開始したと発表した。価格は個別見積で、例として端末数1,000台、利用機能がCylancePROTECT+CylanceOPTICSの場合、端末あたり月額595円(税抜)としている。

同オプションは、マルウェア感染を前提とした不正挙動の検知とその対応支援を行うEDR(Endpoint Detection and Response)機能を提供するもの。異常動作検知・自動対処(Detections)、感染端末隔離(Device Lockdown)、根本原因分析(Focus Data)、スレットハンティング(InstaQuery)といった機能を持ち、サービスで提供されているAI活用型アンチウイルス「CylancePROTECT(サイランスプロテクト)」と連携することで、EDRで検知するアラートの件数を大幅に削減できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×